Menu

業者へ駆除依頼が困難な方

蜂の巣

素人作業での駆除

まず初めにハチ駆除業者の方が着ているような防護服でもハチに刺される可能性があります。出来る限り業者に依頼するのと共に拳以上に大きくなってしまった巣や、ハチの巣がスズメバチの場合は危険ですので素人でのハチ駆除は諦めた方が良いです。また、素人でのハチ駆除は全て自己責任になってしまいます。くれぐれも細心の注意を払って作業を行います。作業に取りかかる前に体全体を護る防護服や殺虫剤、虫捕り網等必要なものを用意する必要があります。防護服については専用の物を購入しようとすると業者依頼以上にお金が掛かってしまう場合があります。お住まいの市区町村によっては役所で防護服の貸し出しを行っているところもあるようですので念のため問い合わせて見た方がよさそうです。自分で防護服を用意する場合は色はできるだけ薄い色で白が望ましいようです。黒や紺といった濃い色はハチを興奮させ攻撃される可能性が高まりますので絶対に避けます。肌の露出は完全に避け、袖などのハチが入ってくる可能性のある隙間をテープ等でふさぐ必要があります。身の回りの準備が整ったらハチ駆除を行うのですが、まずは殺虫剤が届くギリギリまで離れたところから殺虫剤を噴射します。この際向かってきたハチはできるだけ網で捕らえ、ハチが弱ってきたと思っても1分前後は殺虫剤を噴射し続けます。ある程度落ち着いたらハチの巣を撤去しなくてはなりません。下に袋を構え、巣を袋の中に落下させるのが理想です。この時1番巣に近付くことになりますので決して無理をせず、ハチの巣が袋に入ったら速やかに閉じ、落ちているハチの死骸には絶対に素手で触れないようにします。これでハチ駆除の作業は終了ですが、周りの状況をよく確認しながらゆっくりと後退し、確実に安全な離れた場所で服にハチが付いていないことを確認の上防護服を脱ぐようにしましょう。