Menu

鳩による被害

鳩

対策には手を抜かないこと

鳩は、何処でも普通に見られる鳥です。鳩は、どの種類の野鳥よりも人の生活圏に近い所で暮らしています。そのため、鳩害と呼ばれる被害も数多く発生しています。一般的な鳩害は糞害などが主で、比較的個体数が多い場所に発生しています。しかし、時には思いもよらない鳩害もあります。一例として、マンションやアパートのベランダに営巣するという事例があります。このような場所に巣作りされると、羽毛や糞の飛び散りなどにより、窓が開けられない状態にもなります。巣を撤去した後も悪臭などが残り、洗濯物を干すこともできない状態が続きます。そのような憂き目を見ないためにも、早めの対策が重要です。鳩は、その場所が気に入ると、何度でも巣を作りにやって来ます。巣を取り除いただけでは、再び鳩害が起こることになります。鳩を追い払ったら、再来を防ぐための工夫が重要です。ベランダの鳩害再発を防ぐためには、防鳥ネットなども効果的です。しかしながら、防鳥ネットに穴があれば逆効果です。膨脹ネットの破れや解れを見つけた鳩は、躊躇なく入り込みます。防鳥ネットによって猛禽類から守られるので、鳩にとっては絶好の営巣地となってしまうのです。防鳥ネットを仕掛けたら、破れや解れがないかを日常的に確認することが大事です。個人的な努力だけでは不安という人は、地元自治体の鳩害対策窓口に相談すると良いでしょう。被害防止の知識の他に、鳩の習性についても詳しく知ることができます。